一般社団法人 経営革新等認定支援機関 ねりま中小企業経営支援センター

ねりま中小企業経営支援センター(通称:ねりせん)は、中小企業支援・経営コンサルティングで練馬区の発展に貢献する、中小企業診断士の集団です。

ねりせん第7回定時総会報告書

 

5月24日(木)、第7回定時総会を開催しました。

 

1.開催日時・場所

 1)日時:2019年5月24日(木)17.10~18.00時

 2)場所:練馬区役所本庁舎1907会議室

 

2.総会の成立確認

 議決権のある会員総数53名、総会員の議決権の数53個

 出席会員数41名(当日出席20名、委任状による者21名)

 出席会員議決権の総数41個により、総会の成立を確認しました。

 

3.議長の指名と議事録署名人の選任

 定款15条により、船越理事長を議長に選任しました。議事録署名人には、定款19条により、船越理事長、出席役員から大沢常任理事、鈴木常任理事を選任しました。

 

4.議案審議

 1)第1号議案 平成30年度事業報告について

  船越理事長より、平成30年度の事業状況について説明があり、その承認を求めた

 ところ、賛成多数で承認可決されました。

 2)第2号議案 平成30年度決算報告について

  鈴木経理部長より、平成30年度の決算状況の説明報告および河邊監事からその適正

 性の説明があり、その承認を求めたところ、賛成多数で承認可決されました。

 3)第3号議案 令和元年事業計画について

  船越理事長より、令和元年度の事業計画について説明があり、その承認を求めたと

 ころ、賛成多数で承認可決されました。

 4)第4号議案 令和元年度予算について

  鈴木経理部長より、令和元年度の予算について説明があり、その承認を求めたとこ

 ろ、賛成多数で承認可決されました。

 

5.総会後懇親会の開催(18.30~20.00時)について

  練馬区役所(練馬区長代理)、(一社)練馬産業連合会、(一社)練馬区産業振興

 公社、東京商工会議所練馬支部、練馬区商店街連合会、東京あおば農業協同組合、(一社)東京都診断士協会城北支部から来賓を迎え、懇親会を開催し、懇談を深めまし

 た。

2019年

2月

07日

ねりせん 講習研修プロジェクト 報告書

ねりせん 講習研修プロジェクト報告書

 

2月7日(木)、ねりせん講習研修プロジェクトと中小機構と共催で、「(いちばんやさしい)事業を伸ばすための会計」セミナーを開催しました。

 

1. 開催日時・場所

1)日時:2019年2月7日(木)19:00~21:00 時

 2) 場所:ねりま産業プラザ研修室4

 

2. 開催趣旨

 ねりせん講習研修プロジェクトとして、「中小機構の中小企業会計 啓発・普及セミナー」の枠組みを利用したセミナー開催し、セミナーノウハウの蓄積と今後のプロジェクト活動に役立てることとしました。

 

3. 出席者

 合計11名(ねりせん6名、中小企業診断士協会城北支部3名、その他2名)

 

4. セミナー概要

(1) 理事長挨拶

(2) 中小会計要領の概要とメリット

(3) 小規模事業者のためのポイント

 ・売掛金、買掛金

 ・在庫

 ・減価償却費

 ・資金繰りーお金の流れー

(4) 貸借対照表と損益計算書

(5)会計の活用方法について

 

5.アンケート結果

  アンケート結果では、非常に役立つ7名、ある程度役に立つ4名となりました。

 

 

2019年

1月

24日

練馬区の産業施策を聞く会

 

「練馬区の産業施策を聞く会」報告書

 

1月24日(木)、「練馬区の産業施策を聞く会」が開催された。

 

1. 開催日時

2019年1月24日(木)18:30~20:25

 

2. 出席者

ねりせん会員20名

 

3. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

4. 講演者

練馬区産業経済部経済課長 近野 建一様

 

5. 講演テーマ

「来年度の練馬区産業施策について」

 

6. 配布資料

(1) 第2次みどりの風吹くまちビジョン基本計画【素案】

(2) 第2次みどりの風吹くまちビジョンアクションプラン(戦略計画)【素案】

(3) パンフレット「練馬ビジネスチャンス交流会」

 

7. 講演内容

・講演者急用のため開始時間が30分程遅れ、19時少し前から講演が開始された。

・講演は配布資料の基本計画より、「区が目指す方向性」と「6つの施策の柱」について具体的に説明していただいた。

・配布資料の戦略計画より、「地域特性を生かした起業支援と商店街の魅力づくり」について取り組みを説明していただいた。

・発表後に会員による質疑応答・意見交換が活発に行われた。

特に「夢や希望を持ち困難を乗り越える力を備えた子どもたちの育成」に関する会員の質問については、講演者が現在の部署へ異動する前にその業務を担当していたこともあり、担当外であるにも関わらず応答していただいた。

 

8. その他

終了後に場所を移して懇親会が催された。

会員同士で活発な意見交換を行い、相互理解を深めることができた。

 

以上

 

続きを読む

2019年

1月

01日

新年のご挨拶

新年のご挨拶

理事長 船越 敏万

 新年明けましておめでとうございます。今年は「亥年」です。イノシシの突進力を持って、当会の営業活動を推し進める年だと思っています。

 昨年は、練馬区役所等諸機関との事業連携をすすめるため、理事長直轄の組織として「事業連携事務局」を11月15日に設置しました。西武信用金庫様との事業連携による専門家派遣、事業診断等の事業が第1号の適用案件となってまいります。引き続き、練馬区役所等諸機関との事業連携を進めていく所存です。

 練馬区役所等諸機関からの受注案件の派遣(参画)要員は、所有資格や得意分野・得意業種等が記載された「会員プロフィール」を提出された会員が対象となります。このため、皆様から会員プロフィールを提出し、是非、対象会員となっていただきたいと思っています。

 「経営支援で練馬区を元気に」をモットーにして、共に頑張りましょう。結びにあたり、会員の皆様のご健康、ご多幸、ご活躍をお祈り致します。

 

※練馬区役所等諸機関とは、

練馬区役所、一般社団法人練馬区産業振興公社、一般社団法人練馬産業連合会、東京商工会議所練馬支部、練馬区商店街連合会、東京あおば農業協同組合、金融機関(西武信用金庫、巣鴨信用金庫、きらぼし銀行等)、一般社団法人東京都中小企業診断士協会及び所属支部等のことをいいます。

 

新年のメッセージ

総務部長 前田 通孝

 新年あけましておめでとうございます。

 平成最後のお正月であるという一抹の寂しさを感じながらも、新しい時代へ向けた期待を胸に秘めて新年を迎えられた方が多いのではないでしょうか。

 さて、昨年は日経平均株価が7年ぶりに下落して最後の取引を終えたり、米中の“貿易戦争”が繰り広げられたり、また今秋には消費税率アップの実施が予定されていたりなど回復基調にあった景気の行く末が不安視されています。特に練馬区は、飲食店、サービス業、小売業など区民の生活に密着した事業を営んでいらっしゃる方が多く、消費者の動向が気になるところです。私は現在、微力ながらこうした事業者のみなさまのご支援をさせていただいておりますが、今後ますます事業運営の舵取りが難しくなる中、経営の専門家としての知見に加え、練馬区民という一生活者の目線を持って、事業者のみなさまの心に寄り添った経営支援をなお一層心がけていきたいと考えます。

 本年も、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

事業部長の抱負

事業部長 森山 眞行

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、良き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年より、ねりま中小企業経営支援センター(通称:ねりせん)の事業部長という大任を仰せつかり、ねりせんに対して様々な意見・提案を行って参りました。また、たくさんの企業・商店街(店主)・団体様を訪問させていただく中で、私たちが取り組まなければならないことが徐々に見えて参りました。

 今年は、それを実行に移す年と捉えております。ねりせん内の体制を整え、情報発信し、皆様へ“具体的に”お役に立つ。まさに「活動の見える化」が大切です。そのためには、1人・1部署だけで出来ることは限られており、理事長を始めとするねりせんメンバーが一丸となって取り組まなければなりません。

 どうか皆様、新しいねりせんにご注目いただき、様々なご意見・ご要望をお聞かせください。1つ1つ“具体的に”対応して参ります。

 

2018年

12月

27日

ねりせんプロジェクト発表会

12月27日(木)、ねりせんプロジェクト説明会発表会が開催された。

 

1. 開催日時

2018年12月27日(木)18:30~20:15

 

2. 開催趣旨

ねりせん会員のプロジェクトに対する理解とプロジェクト参加意識醸成を主眼として、認定支援機関プロジェクトリーダーによるねりせん会員へのプロジェクトの方向性・取り組み状況・進捗等各種報告を行う。

今回は11月22日に続き2回目の開催となる。

 

3. 出席者

ねりせん会員13名

 

4. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

5. 発表時間・発表テーマ・発表者

(1) 18:35~19:10 講習研修支援プロジェクト 岩井先生

(2) 19:15~20:15 補助金申請支援プロジェクト 船越先生

 

6. 発表内容

(1) 各プロジェクトリーダーから、プロジェクトの現状・今後の予定ついて説明していただいた。

(2) 発表後に会員による質疑応答・意見交換が活発に行われた。

特に各プロジェクトの連携構築についてはミーティングの同時開催を行うべきであるという提案があり、今後具体的に実施することになった。

 

7. その他

ねりせんプロジェクトの活動に関する会員の理解が深まり、参加意欲も醸成することができたことから、ねりせんプロジェクトの再募集を行うことになった。

 

以上

2018年

12月

17日

事業連携説明会

12月17日(月)、西武信用金庫様との「事業連携説明会」が開催された。

 

1. 開催日時

2018年12月17日(月)18:30~20:15

 

2. 開催趣旨

西武信用金庫様との事業連携スタートにあたり、「事業連携説明会」を開催して今後の方向性・具体的な取り組みおよびスキームに関する説明を行い、ねりせん会員の西武信用金庫様との事業連携に関する理解を深める。

 

3. 出席者

(1) 西武信用金庫様 3名

(2) ねりせん会員 15名

 

4. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

5. 発表時間・内容・発表者

(1) 18時30分~18時35分 あいさつ(船越理事長)

(2) 18時35分~19時30分 専門家派遣事業説明(西武信用金庫 小暮様)

(3) 19時30分~19時40分 質疑応答

(4) 19時40分~19時55分 事業連携の目的・今後の展望について(船越理事長)

(5) 19時55分~20時10分 ねりせんスキーム説明(高橋会員部長)

(6) 20時10分~20時15分 経理処理説明(千布副部長)

 

6. 発表内容

(1) 西武信用金庫様から自行の取り組み・専門家派遣事業の内容について説明していただいた。

(2) 船越理事長以下会員部長・経理副部長より事業連携の目的・詳細スキーム・経理処理について説明があった。

(3) 会員による質疑応答・意見交換が行われた。

 

7. その他

終了後、場所を移して懇親会が催された。

懇親会は西武信用金庫様3名、ねりせん会員11名が参加した。

事業連携に関して活発な意見交換を行い、相互理解を深めることができた。

 

以上

2019年

2月

07日

ねりせん 講習研修プロジェクト 報告書

ねりせん 講習研修プロジェクト報告書

 

2月7日(木)、ねりせん講習研修プロジェクトと中小機構と共催で、「(いちばんやさしい)事業を伸ばすための会計」セミナーを開催しました。

 

1. 開催日時・場所

1)日時:2019年2月7日(木)19:00~21:00 時

 2) 場所:ねりま産業プラザ研修室4

 

2. 開催趣旨

 ねりせん講習研修プロジェクトとして、「中小機構の中小企業会計 啓発・普及セミナー」の枠組みを利用したセミナー開催し、セミナーノウハウの蓄積と今後のプロジェクト活動に役立てることとしました。

 

3. 出席者

 合計11名(ねりせん6名、中小企業診断士協会城北支部3名、その他2名)

 

4. セミナー概要

(1) 理事長挨拶

(2) 中小会計要領の概要とメリット

(3) 小規模事業者のためのポイント

 ・売掛金、買掛金

 ・在庫

 ・減価償却費

 ・資金繰りーお金の流れー

(4) 貸借対照表と損益計算書

(5)会計の活用方法について

 

5.アンケート結果

  アンケート結果では、非常に役立つ7名、ある程度役に立つ4名となりました。

 

 

2019年

1月

24日

練馬区の産業施策を聞く会

 

「練馬区の産業施策を聞く会」報告書

 

1月24日(木)、「練馬区の産業施策を聞く会」が開催された。

 

1. 開催日時

2019年1月24日(木)18:30~20:25

 

2. 出席者

ねりせん会員20名

 

3. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

4. 講演者

練馬区産業経済部経済課長 近野 建一様

 

5. 講演テーマ

「来年度の練馬区産業施策について」

 

6. 配布資料

(1) 第2次みどりの風吹くまちビジョン基本計画【素案】

(2) 第2次みどりの風吹くまちビジョンアクションプラン(戦略計画)【素案】

(3) パンフレット「練馬ビジネスチャンス交流会」

 

7. 講演内容

・講演者急用のため開始時間が30分程遅れ、19時少し前から講演が開始された。

・講演は配布資料の基本計画より、「区が目指す方向性」と「6つの施策の柱」について具体的に説明していただいた。

・配布資料の戦略計画より、「地域特性を生かした起業支援と商店街の魅力づくり」について取り組みを説明していただいた。

・発表後に会員による質疑応答・意見交換が活発に行われた。

特に「夢や希望を持ち困難を乗り越える力を備えた子どもたちの育成」に関する会員の質問については、講演者が現在の部署へ異動する前にその業務を担当していたこともあり、担当外であるにも関わらず応答していただいた。

 

8. その他

終了後に場所を移して懇親会が催された。

会員同士で活発な意見交換を行い、相互理解を深めることができた。

 

以上

 

続きを読む

2019年

1月

01日

新年のご挨拶

新年のご挨拶

理事長 船越 敏万

 新年明けましておめでとうございます。今年は「亥年」です。イノシシの突進力を持って、当会の営業活動を推し進める年だと思っています。

 昨年は、練馬区役所等諸機関との事業連携をすすめるため、理事長直轄の組織として「事業連携事務局」を11月15日に設置しました。西武信用金庫様との事業連携による専門家派遣、事業診断等の事業が第1号の適用案件となってまいります。引き続き、練馬区役所等諸機関との事業連携を進めていく所存です。

 練馬区役所等諸機関からの受注案件の派遣(参画)要員は、所有資格や得意分野・得意業種等が記載された「会員プロフィール」を提出された会員が対象となります。このため、皆様から会員プロフィールを提出し、是非、対象会員となっていただきたいと思っています。

 「経営支援で練馬区を元気に」をモットーにして、共に頑張りましょう。結びにあたり、会員の皆様のご健康、ご多幸、ご活躍をお祈り致します。

 

※練馬区役所等諸機関とは、

練馬区役所、一般社団法人練馬区産業振興公社、一般社団法人練馬産業連合会、東京商工会議所練馬支部、練馬区商店街連合会、東京あおば農業協同組合、金融機関(西武信用金庫、巣鴨信用金庫、きらぼし銀行等)、一般社団法人東京都中小企業診断士協会及び所属支部等のことをいいます。

 

新年のメッセージ

総務部長 前田 通孝

 新年あけましておめでとうございます。

 平成最後のお正月であるという一抹の寂しさを感じながらも、新しい時代へ向けた期待を胸に秘めて新年を迎えられた方が多いのではないでしょうか。

 さて、昨年は日経平均株価が7年ぶりに下落して最後の取引を終えたり、米中の“貿易戦争”が繰り広げられたり、また今秋には消費税率アップの実施が予定されていたりなど回復基調にあった景気の行く末が不安視されています。特に練馬区は、飲食店、サービス業、小売業など区民の生活に密着した事業を営んでいらっしゃる方が多く、消費者の動向が気になるところです。私は現在、微力ながらこうした事業者のみなさまのご支援をさせていただいておりますが、今後ますます事業運営の舵取りが難しくなる中、経営の専門家としての知見に加え、練馬区民という一生活者の目線を持って、事業者のみなさまの心に寄り添った経営支援をなお一層心がけていきたいと考えます。

 本年も、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

事業部長の抱負

事業部長 森山 眞行

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、良き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年より、ねりま中小企業経営支援センター(通称:ねりせん)の事業部長という大任を仰せつかり、ねりせんに対して様々な意見・提案を行って参りました。また、たくさんの企業・商店街(店主)・団体様を訪問させていただく中で、私たちが取り組まなければならないことが徐々に見えて参りました。

 今年は、それを実行に移す年と捉えております。ねりせん内の体制を整え、情報発信し、皆様へ“具体的に”お役に立つ。まさに「活動の見える化」が大切です。そのためには、1人・1部署だけで出来ることは限られており、理事長を始めとするねりせんメンバーが一丸となって取り組まなければなりません。

 どうか皆様、新しいねりせんにご注目いただき、様々なご意見・ご要望をお聞かせください。1つ1つ“具体的に”対応して参ります。

 

2018年

12月

27日

ねりせんプロジェクト発表会

12月27日(木)、ねりせんプロジェクト説明会発表会が開催された。

 

1. 開催日時

2018年12月27日(木)18:30~20:15

 

2. 開催趣旨

ねりせん会員のプロジェクトに対する理解とプロジェクト参加意識醸成を主眼として、認定支援機関プロジェクトリーダーによるねりせん会員へのプロジェクトの方向性・取り組み状況・進捗等各種報告を行う。

今回は11月22日に続き2回目の開催となる。

 

3. 出席者

ねりせん会員13名

 

4. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

5. 発表時間・発表テーマ・発表者

(1) 18:35~19:10 講習研修支援プロジェクト 岩井先生

(2) 19:15~20:15 補助金申請支援プロジェクト 船越先生

 

6. 発表内容

(1) 各プロジェクトリーダーから、プロジェクトの現状・今後の予定ついて説明していただいた。

(2) 発表後に会員による質疑応答・意見交換が活発に行われた。

特に各プロジェクトの連携構築についてはミーティングの同時開催を行うべきであるという提案があり、今後具体的に実施することになった。

 

7. その他

ねりせんプロジェクトの活動に関する会員の理解が深まり、参加意欲も醸成することができたことから、ねりせんプロジェクトの再募集を行うことになった。

 

以上

2018年

12月

17日

事業連携説明会

12月17日(月)、西武信用金庫様との「事業連携説明会」が開催された。

 

1. 開催日時

2018年12月17日(月)18:30~20:15

 

2. 開催趣旨

西武信用金庫様との事業連携スタートにあたり、「事業連携説明会」を開催して今後の方向性・具体的な取り組みおよびスキームに関する説明を行い、ねりせん会員の西武信用金庫様との事業連携に関する理解を深める。

 

3. 出席者

(1) 西武信用金庫様 3名

(2) ねりせん会員 15名

 

4. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

5. 発表時間・内容・発表者

(1) 18時30分~18時35分 あいさつ(船越理事長)

(2) 18時35分~19時30分 専門家派遣事業説明(西武信用金庫 小暮様)

(3) 19時30分~19時40分 質疑応答

(4) 19時40分~19時55分 事業連携の目的・今後の展望について(船越理事長)

(5) 19時55分~20時10分 ねりせんスキーム説明(高橋会員部長)

(6) 20時10分~20時15分 経理処理説明(千布副部長)

 

6. 発表内容

(1) 西武信用金庫様から自行の取り組み・専門家派遣事業の内容について説明していただいた。

(2) 船越理事長以下会員部長・経理副部長より事業連携の目的・詳細スキーム・経理処理について説明があった。

(3) 会員による質疑応答・意見交換が行われた。

 

7. その他

終了後、場所を移して懇親会が催された。

懇親会は西武信用金庫様3名、ねりせん会員11名が参加した。

事業連携に関して活発な意見交換を行い、相互理解を深めることができた。

 

以上

2019年

2月

07日

ねりせん 講習研修プロジェクト 報告書

ねりせん 講習研修プロジェクト報告書

 

2月7日(木)、ねりせん講習研修プロジェクトと中小機構と共催で、「(いちばんやさしい)事業を伸ばすための会計」セミナーを開催しました。

 

1. 開催日時・場所

1)日時:2019年2月7日(木)19:00~21:00 時

 2) 場所:ねりま産業プラザ研修室4

 

2. 開催趣旨

 ねりせん講習研修プロジェクトとして、「中小機構の中小企業会計 啓発・普及セミナー」の枠組みを利用したセミナー開催し、セミナーノウハウの蓄積と今後のプロジェクト活動に役立てることとしました。

 

3. 出席者

 合計11名(ねりせん6名、中小企業診断士協会城北支部3名、その他2名)

 

4. セミナー概要

(1) 理事長挨拶

(2) 中小会計要領の概要とメリット

(3) 小規模事業者のためのポイント

 ・売掛金、買掛金

 ・在庫

 ・減価償却費

 ・資金繰りーお金の流れー

(4) 貸借対照表と損益計算書

(5)会計の活用方法について

 

5.アンケート結果

  アンケート結果では、非常に役立つ7名、ある程度役に立つ4名となりました。

 

 

2019年

1月

24日

練馬区の産業施策を聞く会

 

「練馬区の産業施策を聞く会」報告書

 

1月24日(木)、「練馬区の産業施策を聞く会」が開催された。

 

1. 開催日時

2019年1月24日(木)18:30~20:25

 

2. 出席者

ねりせん会員20名

 

3. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

4. 講演者

練馬区産業経済部経済課長 近野 建一様

 

5. 講演テーマ

「来年度の練馬区産業施策について」

 

6. 配布資料

(1) 第2次みどりの風吹くまちビジョン基本計画【素案】

(2) 第2次みどりの風吹くまちビジョンアクションプラン(戦略計画)【素案】

(3) パンフレット「練馬ビジネスチャンス交流会」

 

7. 講演内容

・講演者急用のため開始時間が30分程遅れ、19時少し前から講演が開始された。

・講演は配布資料の基本計画より、「区が目指す方向性」と「6つの施策の柱」について具体的に説明していただいた。

・配布資料の戦略計画より、「地域特性を生かした起業支援と商店街の魅力づくり」について取り組みを説明していただいた。

・発表後に会員による質疑応答・意見交換が活発に行われた。

特に「夢や希望を持ち困難を乗り越える力を備えた子どもたちの育成」に関する会員の質問については、講演者が現在の部署へ異動する前にその業務を担当していたこともあり、担当外であるにも関わらず応答していただいた。

 

8. その他

終了後に場所を移して懇親会が催された。

会員同士で活発な意見交換を行い、相互理解を深めることができた。

 

以上

 

続きを読む

2019年

1月

01日

新年のご挨拶

新年のご挨拶

理事長 船越 敏万

 新年明けましておめでとうございます。今年は「亥年」です。イノシシの突進力を持って、当会の営業活動を推し進める年だと思っています。

 昨年は、練馬区役所等諸機関との事業連携をすすめるため、理事長直轄の組織として「事業連携事務局」を11月15日に設置しました。西武信用金庫様との事業連携による専門家派遣、事業診断等の事業が第1号の適用案件となってまいります。引き続き、練馬区役所等諸機関との事業連携を進めていく所存です。

 練馬区役所等諸機関からの受注案件の派遣(参画)要員は、所有資格や得意分野・得意業種等が記載された「会員プロフィール」を提出された会員が対象となります。このため、皆様から会員プロフィールを提出し、是非、対象会員となっていただきたいと思っています。

 「経営支援で練馬区を元気に」をモットーにして、共に頑張りましょう。結びにあたり、会員の皆様のご健康、ご多幸、ご活躍をお祈り致します。

 

※練馬区役所等諸機関とは、

練馬区役所、一般社団法人練馬区産業振興公社、一般社団法人練馬産業連合会、東京商工会議所練馬支部、練馬区商店街連合会、東京あおば農業協同組合、金融機関(西武信用金庫、巣鴨信用金庫、きらぼし銀行等)、一般社団法人東京都中小企業診断士協会及び所属支部等のことをいいます。

 

新年のメッセージ

総務部長 前田 通孝

 新年あけましておめでとうございます。

 平成最後のお正月であるという一抹の寂しさを感じながらも、新しい時代へ向けた期待を胸に秘めて新年を迎えられた方が多いのではないでしょうか。

 さて、昨年は日経平均株価が7年ぶりに下落して最後の取引を終えたり、米中の“貿易戦争”が繰り広げられたり、また今秋には消費税率アップの実施が予定されていたりなど回復基調にあった景気の行く末が不安視されています。特に練馬区は、飲食店、サービス業、小売業など区民の生活に密着した事業を営んでいらっしゃる方が多く、消費者の動向が気になるところです。私は現在、微力ながらこうした事業者のみなさまのご支援をさせていただいておりますが、今後ますます事業運営の舵取りが難しくなる中、経営の専門家としての知見に加え、練馬区民という一生活者の目線を持って、事業者のみなさまの心に寄り添った経営支援をなお一層心がけていきたいと考えます。

 本年も、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

事業部長の抱負

事業部長 森山 眞行

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、良き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年より、ねりま中小企業経営支援センター(通称:ねりせん)の事業部長という大任を仰せつかり、ねりせんに対して様々な意見・提案を行って参りました。また、たくさんの企業・商店街(店主)・団体様を訪問させていただく中で、私たちが取り組まなければならないことが徐々に見えて参りました。

 今年は、それを実行に移す年と捉えております。ねりせん内の体制を整え、情報発信し、皆様へ“具体的に”お役に立つ。まさに「活動の見える化」が大切です。そのためには、1人・1部署だけで出来ることは限られており、理事長を始めとするねりせんメンバーが一丸となって取り組まなければなりません。

 どうか皆様、新しいねりせんにご注目いただき、様々なご意見・ご要望をお聞かせください。1つ1つ“具体的に”対応して参ります。

 

2018年

12月

27日

ねりせんプロジェクト発表会

12月27日(木)、ねりせんプロジェクト説明会発表会が開催された。

 

1. 開催日時

2018年12月27日(木)18:30~20:15

 

2. 開催趣旨

ねりせん会員のプロジェクトに対する理解とプロジェクト参加意識醸成を主眼として、認定支援機関プロジェクトリーダーによるねりせん会員へのプロジェクトの方向性・取り組み状況・進捗等各種報告を行う。

今回は11月22日に続き2回目の開催となる。

 

3. 出席者

ねりせん会員13名

 

4. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

5. 発表時間・発表テーマ・発表者

(1) 18:35~19:10 講習研修支援プロジェクト 岩井先生

(2) 19:15~20:15 補助金申請支援プロジェクト 船越先生

 

6. 発表内容

(1) 各プロジェクトリーダーから、プロジェクトの現状・今後の予定ついて説明していただいた。

(2) 発表後に会員による質疑応答・意見交換が活発に行われた。

特に各プロジェクトの連携構築についてはミーティングの同時開催を行うべきであるという提案があり、今後具体的に実施することになった。

 

7. その他

ねりせんプロジェクトの活動に関する会員の理解が深まり、参加意欲も醸成することができたことから、ねりせんプロジェクトの再募集を行うことになった。

 

以上

2018年

12月

17日

事業連携説明会

12月17日(月)、西武信用金庫様との「事業連携説明会」が開催された。

 

1. 開催日時

2018年12月17日(月)18:30~20:15

 

2. 開催趣旨

西武信用金庫様との事業連携スタートにあたり、「事業連携説明会」を開催して今後の方向性・具体的な取り組みおよびスキームに関する説明を行い、ねりせん会員の西武信用金庫様との事業連携に関する理解を深める。

 

3. 出席者

(1) 西武信用金庫様 3名

(2) ねりせん会員 15名

 

4. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

5. 発表時間・内容・発表者

(1) 18時30分~18時35分 あいさつ(船越理事長)

(2) 18時35分~19時30分 専門家派遣事業説明(西武信用金庫 小暮様)

(3) 19時30分~19時40分 質疑応答

(4) 19時40分~19時55分 事業連携の目的・今後の展望について(船越理事長)

(5) 19時55分~20時10分 ねりせんスキーム説明(高橋会員部長)

(6) 20時10分~20時15分 経理処理説明(千布副部長)

 

6. 発表内容

(1) 西武信用金庫様から自行の取り組み・専門家派遣事業の内容について説明していただいた。

(2) 船越理事長以下会員部長・経理副部長より事業連携の目的・詳細スキーム・経理処理について説明があった。

(3) 会員による質疑応答・意見交換が行われた。

 

7. その他

終了後、場所を移して懇親会が催された。

懇親会は西武信用金庫様3名、ねりせん会員11名が参加した。

事業連携に関して活発な意見交換を行い、相互理解を深めることができた。

 

以上

2019年

2月

07日

ねりせん 講習研修プロジェクト 報告書

ねりせん 講習研修プロジェクト報告書

 

2月7日(木)、ねりせん講習研修プロジェクトと中小機構と共催で、「(いちばんやさしい)事業を伸ばすための会計」セミナーを開催しました。

 

1. 開催日時・場所

1)日時:2019年2月7日(木)19:00~21:00 時

 2) 場所:ねりま産業プラザ研修室4

 

2. 開催趣旨

 ねりせん講習研修プロジェクトとして、「中小機構の中小企業会計 啓発・普及セミナー」の枠組みを利用したセミナー開催し、セミナーノウハウの蓄積と今後のプロジェクト活動に役立てることとしました。

 

3. 出席者

 合計11名(ねりせん6名、中小企業診断士協会城北支部3名、その他2名)

 

4. セミナー概要

(1) 理事長挨拶

(2) 中小会計要領の概要とメリット

(3) 小規模事業者のためのポイント

 ・売掛金、買掛金

 ・在庫

 ・減価償却費

 ・資金繰りーお金の流れー

(4) 貸借対照表と損益計算書

(5)会計の活用方法について

 

5.アンケート結果

  アンケート結果では、非常に役立つ7名、ある程度役に立つ4名となりました。

 

 

2019年

1月

24日

練馬区の産業施策を聞く会

 

「練馬区の産業施策を聞く会」報告書

 

1月24日(木)、「練馬区の産業施策を聞く会」が開催された。

 

1. 開催日時

2019年1月24日(木)18:30~20:25

 

2. 出席者

ねりせん会員20名

 

3. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

4. 講演者

練馬区産業経済部経済課長 近野 建一様

 

5. 講演テーマ

「来年度の練馬区産業施策について」

 

6. 配布資料

(1) 第2次みどりの風吹くまちビジョン基本計画【素案】

(2) 第2次みどりの風吹くまちビジョンアクションプラン(戦略計画)【素案】

(3) パンフレット「練馬ビジネスチャンス交流会」

 

7. 講演内容

・講演者急用のため開始時間が30分程遅れ、19時少し前から講演が開始された。

・講演は配布資料の基本計画より、「区が目指す方向性」と「6つの施策の柱」について具体的に説明していただいた。

・配布資料の戦略計画より、「地域特性を生かした起業支援と商店街の魅力づくり」について取り組みを説明していただいた。

・発表後に会員による質疑応答・意見交換が活発に行われた。

特に「夢や希望を持ち困難を乗り越える力を備えた子どもたちの育成」に関する会員の質問については、講演者が現在の部署へ異動する前にその業務を担当していたこともあり、担当外であるにも関わらず応答していただいた。

 

8. その他

終了後に場所を移して懇親会が催された。

会員同士で活発な意見交換を行い、相互理解を深めることができた。

 

以上

 

続きを読む

2019年

1月

01日

新年のご挨拶

新年のご挨拶

理事長 船越 敏万

 新年明けましておめでとうございます。今年は「亥年」です。イノシシの突進力を持って、当会の営業活動を推し進める年だと思っています。

 昨年は、練馬区役所等諸機関との事業連携をすすめるため、理事長直轄の組織として「事業連携事務局」を11月15日に設置しました。西武信用金庫様との事業連携による専門家派遣、事業診断等の事業が第1号の適用案件となってまいります。引き続き、練馬区役所等諸機関との事業連携を進めていく所存です。

 練馬区役所等諸機関からの受注案件の派遣(参画)要員は、所有資格や得意分野・得意業種等が記載された「会員プロフィール」を提出された会員が対象となります。このため、皆様から会員プロフィールを提出し、是非、対象会員となっていただきたいと思っています。

 「経営支援で練馬区を元気に」をモットーにして、共に頑張りましょう。結びにあたり、会員の皆様のご健康、ご多幸、ご活躍をお祈り致します。

 

※練馬区役所等諸機関とは、

練馬区役所、一般社団法人練馬区産業振興公社、一般社団法人練馬産業連合会、東京商工会議所練馬支部、練馬区商店街連合会、東京あおば農業協同組合、金融機関(西武信用金庫、巣鴨信用金庫、きらぼし銀行等)、一般社団法人東京都中小企業診断士協会及び所属支部等のことをいいます。

 

新年のメッセージ

総務部長 前田 通孝

 新年あけましておめでとうございます。

 平成最後のお正月であるという一抹の寂しさを感じながらも、新しい時代へ向けた期待を胸に秘めて新年を迎えられた方が多いのではないでしょうか。

 さて、昨年は日経平均株価が7年ぶりに下落して最後の取引を終えたり、米中の“貿易戦争”が繰り広げられたり、また今秋には消費税率アップの実施が予定されていたりなど回復基調にあった景気の行く末が不安視されています。特に練馬区は、飲食店、サービス業、小売業など区民の生活に密着した事業を営んでいらっしゃる方が多く、消費者の動向が気になるところです。私は現在、微力ながらこうした事業者のみなさまのご支援をさせていただいておりますが、今後ますます事業運営の舵取りが難しくなる中、経営の専門家としての知見に加え、練馬区民という一生活者の目線を持って、事業者のみなさまの心に寄り添った経営支援をなお一層心がけていきたいと考えます。

 本年も、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

事業部長の抱負

事業部長 森山 眞行

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、良き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年より、ねりま中小企業経営支援センター(通称:ねりせん)の事業部長という大任を仰せつかり、ねりせんに対して様々な意見・提案を行って参りました。また、たくさんの企業・商店街(店主)・団体様を訪問させていただく中で、私たちが取り組まなければならないことが徐々に見えて参りました。

 今年は、それを実行に移す年と捉えております。ねりせん内の体制を整え、情報発信し、皆様へ“具体的に”お役に立つ。まさに「活動の見える化」が大切です。そのためには、1人・1部署だけで出来ることは限られており、理事長を始めとするねりせんメンバーが一丸となって取り組まなければなりません。

 どうか皆様、新しいねりせんにご注目いただき、様々なご意見・ご要望をお聞かせください。1つ1つ“具体的に”対応して参ります。

 

2018年

12月

27日

ねりせんプロジェクト発表会

12月27日(木)、ねりせんプロジェクト説明会発表会が開催された。

 

1. 開催日時

2018年12月27日(木)18:30~20:15

 

2. 開催趣旨

ねりせん会員のプロジェクトに対する理解とプロジェクト参加意識醸成を主眼として、認定支援機関プロジェクトリーダーによるねりせん会員へのプロジェクトの方向性・取り組み状況・進捗等各種報告を行う。

今回は11月22日に続き2回目の開催となる。

 

3. 出席者

ねりせん会員13名

 

4. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

5. 発表時間・発表テーマ・発表者

(1) 18:35~19:10 講習研修支援プロジェクト 岩井先生

(2) 19:15~20:15 補助金申請支援プロジェクト 船越先生

 

6. 発表内容

(1) 各プロジェクトリーダーから、プロジェクトの現状・今後の予定ついて説明していただいた。

(2) 発表後に会員による質疑応答・意見交換が活発に行われた。

特に各プロジェクトの連携構築についてはミーティングの同時開催を行うべきであるという提案があり、今後具体的に実施することになった。

 

7. その他

ねりせんプロジェクトの活動に関する会員の理解が深まり、参加意欲も醸成することができたことから、ねりせんプロジェクトの再募集を行うことになった。

 

以上

2018年

12月

17日

事業連携説明会

12月17日(月)、西武信用金庫様との「事業連携説明会」が開催された。

 

1. 開催日時

2018年12月17日(月)18:30~20:15

 

2. 開催趣旨

西武信用金庫様との事業連携スタートにあたり、「事業連携説明会」を開催して今後の方向性・具体的な取り組みおよびスキームに関する説明を行い、ねりせん会員の西武信用金庫様との事業連携に関する理解を深める。

 

3. 出席者

(1) 西武信用金庫様 3名

(2) ねりせん会員 15名

 

4. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

5. 発表時間・内容・発表者

(1) 18時30分~18時35分 あいさつ(船越理事長)

(2) 18時35分~19時30分 専門家派遣事業説明(西武信用金庫 小暮様)

(3) 19時30分~19時40分 質疑応答

(4) 19時40分~19時55分 事業連携の目的・今後の展望について(船越理事長)

(5) 19時55分~20時10分 ねりせんスキーム説明(高橋会員部長)

(6) 20時10分~20時15分 経理処理説明(千布副部長)

 

6. 発表内容

(1) 西武信用金庫様から自行の取り組み・専門家派遣事業の内容について説明していただいた。

(2) 船越理事長以下会員部長・経理副部長より事業連携の目的・詳細スキーム・経理処理について説明があった。

(3) 会員による質疑応答・意見交換が行われた。

 

7. その他

終了後、場所を移して懇親会が催された。

懇親会は西武信用金庫様3名、ねりせん会員11名が参加した。

事業連携に関して活発な意見交換を行い、相互理解を深めることができた。

 

以上

最新のお知らせ

2019年

2月

07日

ねりせん 講習研修プロジェクト 報告書

ねりせん 講習研修プロジェクト報告書

 

2月7日(木)、ねりせん講習研修プロジェクトと中小機構と共催で、「(いちばんやさしい)事業を伸ばすための会計」セミナーを開催しました。

 

1. 開催日時・場所

1)日時:2019年2月7日(木)19:00~21:00 時

 2) 場所:ねりま産業プラザ研修室4

 

2. 開催趣旨

 ねりせん講習研修プロジェクトとして、「中小機構の中小企業会計 啓発・普及セミナー」の枠組みを利用したセミナー開催し、セミナーノウハウの蓄積と今後のプロジェクト活動に役立てることとしました。

 

3. 出席者

 合計11名(ねりせん6名、中小企業診断士協会城北支部3名、その他2名)

 

4. セミナー概要

(1) 理事長挨拶

(2) 中小会計要領の概要とメリット

(3) 小規模事業者のためのポイント

 ・売掛金、買掛金

 ・在庫

 ・減価償却費

 ・資金繰りーお金の流れー

(4) 貸借対照表と損益計算書

(5)会計の活用方法について

 

5.アンケート結果

  アンケート結果では、非常に役立つ7名、ある程度役に立つ4名となりました。

 

 

2019年

1月

24日

練馬区の産業施策を聞く会

 

「練馬区の産業施策を聞く会」報告書

 

1月24日(木)、「練馬区の産業施策を聞く会」が開催された。

 

1. 開催日時

2019年1月24日(木)18:30~20:25

 

2. 出席者

ねりせん会員20名

 

3. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

4. 講演者

練馬区産業経済部経済課長 近野 建一様

 

5. 講演テーマ

「来年度の練馬区産業施策について」

 

6. 配布資料

(1) 第2次みどりの風吹くまちビジョン基本計画【素案】

(2) 第2次みどりの風吹くまちビジョンアクションプラン(戦略計画)【素案】

(3) パンフレット「練馬ビジネスチャンス交流会」

 

7. 講演内容

・講演者急用のため開始時間が30分程遅れ、19時少し前から講演が開始された。

・講演は配布資料の基本計画より、「区が目指す方向性」と「6つの施策の柱」について具体的に説明していただいた。

・配布資料の戦略計画より、「地域特性を生かした起業支援と商店街の魅力づくり」について取り組みを説明していただいた。

・発表後に会員による質疑応答・意見交換が活発に行われた。

特に「夢や希望を持ち困難を乗り越える力を備えた子どもたちの育成」に関する会員の質問については、講演者が現在の部署へ異動する前にその業務を担当していたこともあり、担当外であるにも関わらず応答していただいた。

 

8. その他

終了後に場所を移して懇親会が催された。

会員同士で活発な意見交換を行い、相互理解を深めることができた。

 

以上

 

続きを読む

2019年

1月

01日

新年のご挨拶

新年のご挨拶

理事長 船越 敏万

 新年明けましておめでとうございます。今年は「亥年」です。イノシシの突進力を持って、当会の営業活動を推し進める年だと思っています。

 昨年は、練馬区役所等諸機関との事業連携をすすめるため、理事長直轄の組織として「事業連携事務局」を11月15日に設置しました。西武信用金庫様との事業連携による専門家派遣、事業診断等の事業が第1号の適用案件となってまいります。引き続き、練馬区役所等諸機関との事業連携を進めていく所存です。

 練馬区役所等諸機関からの受注案件の派遣(参画)要員は、所有資格や得意分野・得意業種等が記載された「会員プロフィール」を提出された会員が対象となります。このため、皆様から会員プロフィールを提出し、是非、対象会員となっていただきたいと思っています。

 「経営支援で練馬区を元気に」をモットーにして、共に頑張りましょう。結びにあたり、会員の皆様のご健康、ご多幸、ご活躍をお祈り致します。

 

※練馬区役所等諸機関とは、

練馬区役所、一般社団法人練馬区産業振興公社、一般社団法人練馬産業連合会、東京商工会議所練馬支部、練馬区商店街連合会、東京あおば農業協同組合、金融機関(西武信用金庫、巣鴨信用金庫、きらぼし銀行等)、一般社団法人東京都中小企業診断士協会及び所属支部等のことをいいます。

 

新年のメッセージ

総務部長 前田 通孝

 新年あけましておめでとうございます。

 平成最後のお正月であるという一抹の寂しさを感じながらも、新しい時代へ向けた期待を胸に秘めて新年を迎えられた方が多いのではないでしょうか。

 さて、昨年は日経平均株価が7年ぶりに下落して最後の取引を終えたり、米中の“貿易戦争”が繰り広げられたり、また今秋には消費税率アップの実施が予定されていたりなど回復基調にあった景気の行く末が不安視されています。特に練馬区は、飲食店、サービス業、小売業など区民の生活に密着した事業を営んでいらっしゃる方が多く、消費者の動向が気になるところです。私は現在、微力ながらこうした事業者のみなさまのご支援をさせていただいておりますが、今後ますます事業運営の舵取りが難しくなる中、経営の専門家としての知見に加え、練馬区民という一生活者の目線を持って、事業者のみなさまの心に寄り添った経営支援をなお一層心がけていきたいと考えます。

 本年も、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

事業部長の抱負

事業部長 森山 眞行

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、良き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年より、ねりま中小企業経営支援センター(通称:ねりせん)の事業部長という大任を仰せつかり、ねりせんに対して様々な意見・提案を行って参りました。また、たくさんの企業・商店街(店主)・団体様を訪問させていただく中で、私たちが取り組まなければならないことが徐々に見えて参りました。

 今年は、それを実行に移す年と捉えております。ねりせん内の体制を整え、情報発信し、皆様へ“具体的に”お役に立つ。まさに「活動の見える化」が大切です。そのためには、1人・1部署だけで出来ることは限られており、理事長を始めとするねりせんメンバーが一丸となって取り組まなければなりません。

 どうか皆様、新しいねりせんにご注目いただき、様々なご意見・ご要望をお聞かせください。1つ1つ“具体的に”対応して参ります。

 

2018年

12月

27日

ねりせんプロジェクト発表会

12月27日(木)、ねりせんプロジェクト説明会発表会が開催された。

 

1. 開催日時

2018年12月27日(木)18:30~20:15

 

2. 開催趣旨

ねりせん会員のプロジェクトに対する理解とプロジェクト参加意識醸成を主眼として、認定支援機関プロジェクトリーダーによるねりせん会員へのプロジェクトの方向性・取り組み状況・進捗等各種報告を行う。

今回は11月22日に続き2回目の開催となる。

 

3. 出席者

ねりせん会員13名

 

4. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

5. 発表時間・発表テーマ・発表者

(1) 18:35~19:10 講習研修支援プロジェクト 岩井先生

(2) 19:15~20:15 補助金申請支援プロジェクト 船越先生

 

6. 発表内容

(1) 各プロジェクトリーダーから、プロジェクトの現状・今後の予定ついて説明していただいた。

(2) 発表後に会員による質疑応答・意見交換が活発に行われた。

特に各プロジェクトの連携構築についてはミーティングの同時開催を行うべきであるという提案があり、今後具体的に実施することになった。

 

7. その他

ねりせんプロジェクトの活動に関する会員の理解が深まり、参加意欲も醸成することができたことから、ねりせんプロジェクトの再募集を行うことになった。

 

以上

2018年

12月

17日

事業連携説明会

12月17日(月)、西武信用金庫様との「事業連携説明会」が開催された。

 

1. 開催日時

2018年12月17日(月)18:30~20:15

 

2. 開催趣旨

西武信用金庫様との事業連携スタートにあたり、「事業連携説明会」を開催して今後の方向性・具体的な取り組みおよびスキームに関する説明を行い、ねりせん会員の西武信用金庫様との事業連携に関する理解を深める。

 

3. 出席者

(1) 西武信用金庫様 3名

(2) ねりせん会員 15名

 

4. 開催場所

ねりま産業プラザ研修室3

 

5. 発表時間・内容・発表者

(1) 18時30分~18時35分 あいさつ(船越理事長)

(2) 18時35分~19時30分 専門家派遣事業説明(西武信用金庫 小暮様)

(3) 19時30分~19時40分 質疑応答

(4) 19時40分~19時55分 事業連携の目的・今後の展望について(船越理事長)

(5) 19時55分~20時10分 ねりせんスキーム説明(高橋会員部長)

(6) 20時10分~20時15分 経理処理説明(千布副部長)

 

6. 発表内容

(1) 西武信用金庫様から自行の取り組み・専門家派遣事業の内容について説明していただいた。

(2) 船越理事長以下会員部長・経理副部長より事業連携の目的・詳細スキーム・経理処理について説明があった。

(3) 会員による質疑応答・意見交換が行われた。

 

7. その他

終了後、場所を移して懇親会が催された。

懇親会は西武信用金庫様3名、ねりせん会員11名が参加した。

事業連携に関して活発な意見交換を行い、相互理解を深めることができた。

 

以上